Webフォント。

By エックン on 2011.05.23 Mon - 17:07  |   Facebook

Webフォントを試しにekkun.comに導入っ。
以前、ポストしたTypeKitGoogleはjsタイプというのとイマイチなフォントなので、uploadタイプでイケテルフォントのMyFontsを採用っと。

WOFF (0Web Open Font Format): 今後の標準
EOT (Embedded OpenType): Internet Explorer
SVG (Scalable Vector Graphics): Google Chromeなどの一部
TrueType: フォントそのもの

@font-face {
    font-family: “myFont”;
    src: url(“myFontFile.eot?”) format(‘eot’),
        url(“myFontFile.woff”) format(‘woff’),
        url(“myFontFile.ttf”) format(‘truetype’),
        url(“myFontFile.svgz”) format(‘svg’);
}

4つのフォーマットのフォントファイルとCSSでお好みのフォントをWebで使える。
ただフォントの著作権とかあるから気をつけてねっていう。

しっかし、欧文フォントは日本語と合わないし日本語フォントは重いし、、
日本語のサイトで使用するには課題が豊富すぎる、、
タイトル回りで使うのが無難だなー。

DEMO

In web  |   Tagged , , , , , , ,

Typekitに期待したい!

By エックン on 2009.11.11 Wed - 10:28  |   Facebook


Demo

百式さんで取り上げられてたクラウド型フォント配信サービスTypekit
これウェブサーバやクライアントPCで、ごにょごにょしなくてもキレイなフォントをみんながブラウズできるサービス。
プランは4種類で、帯域幅、フォントの種類、使用できるサイト数、使用できるフォント数などがそれぞれ違う。値段もそれなり。
あとSafari 3.1以上、Firefox 3.5以上のWindows、OSX、Linuxと敷居が高い。あと当然、日本語未対応。。

という訳で、さっそくトライアル。

[ 使用方法 ]
– Typekitサイト内で使用したいフォントを指定後、同サイト内にあるTypekit Editorでclass名、id名を指定。
– head内に指定のjavascriptを記載。
– あとは指定したclass or idを表示させたいhtml内に記載。

こんなサービス待ってた!!
これから改良が進んでいくと実用レベルで使えるようになるね。
そうなるとPhotoshopやFireworksでスライスしなくて済む時代が来るかも!

via フォントもクラウドの時代?!あなたのサイトでスタイリッシュなフォントを表示させる『TypeKit』 – 100SHIKI

In web  |   Tagged , , , , , , ,