中華料理店症候群。

By エックン on 2008.05.06 Tue - 07:32  |   Facebook

自分に万が一があった場合の為に記録しておく。w
MSG症候群(中華料理店症候群)。
グルタミン酸ナトリウムの過剰摂取による症候群。
要は、味の素の過剰摂取。

中毒症状としては、食事を始めて5-45分後より、顔面のつっぱり、肩こり、後頭部や手足のしびれ、頭痛、胸痛、発熱、嘔吐、頻脈、顔面紅潮、発汗、酩酊感、意識混濁などの症状が出始めます。多くは1-2時間後に回復するのですが、体質によっては発現までに6時間ほどかかり、半日-2日程度継続する場合もあります。

症状が酷似し過ぎている。。
ヤバいぜベトナムっ!(東南アジア全般)
どうにかしなきゃ。。

In life  |  

facebook